google analyticsで自分のアクセスを除外しよう【IPアドレスで除外】

カテゴリー:ウェブサイト運営

前回の投稿でGoogle Analyticsの導入が完了したので、自分のアクセスを除外してページビュー数などをちゃんと把握できるようにしていこうと思います。

自分のアクセスを除外する方法は色々あると思いますが、今回はIPアドレスで自分のアクセスをデータから除外されるようにしていく方法を投稿します。ブログの編集などをする時ってほとんど固定されたIPアドレスでのアクセスですよね。

この作業で、アクセスすごい!?こんなにこの投稿読まれてるのか!!ん?これ全部自分じゃない?ってことがなくなります。

まずは、Google Analyticsにログイン

前回の投稿で作成したアカウントで、Google Analyticsのページにログインをします。下記からGoogle Analyticsのページに行けます。

Google Analyticsへ

管理を選択して、自分のアクセスを除外したいプロパティを選択

ログイン後は歯車のアイコン(管理)を選択して、管理のページに行きます。その後、プロパティから自分のアクセスを除外したいプロパティを選択します。

ビューからフィルタを選択

プロパティの隣、一番右にビューの項目(この時に特にビューを追加していなければ、すべてのすべてのウェブサイトのデータが選択されています。)があるので、その中からフィルタを選択します。

フィルタを追加

フィルタを選択すると赤いボタンで、+フィルタを追加ボタンがあるので、それを選択。

ビューにフィルタを追加

ビューにフィルタを追加画面が表示されるので、新しいフィルタを作成にチェックを入れて、フィルタ情報を入力していきます。

フィルタの種類:カスタム

除外にチェック

フィルタ フィールド:IPアドレスを選択(検索のformにIPと入力するとすぐにIPアドレスが出てきます。)

フィルタ パターン:自分のIPアドレス(除外したいIPアドレス)を入力

最後に保存を選択して、完了です。これで、自分自身のアクセス(除外したIPのみ)をGoogle Analyticsから除外できます!!


タグ

関連する投稿

ドラクエ好きな社会保険労務士有資格者・ファイナンシャルプランナー技能士検定2級正会員が運営をしています。当ブログではDQMSLを中心にWordPress・HTML・CSS・JS・PHPなどのTips備忘記録や資格関連の情報、その他雑記を発信して行きます。