twitterをWordPressに埋め込む方法

カテゴリー:WordPress

twitterをWordPressに埋め込みたいと思いtwitterの公式サイトを見本に埋め込んだ時の方法を備忘記録として、記載します。以前に、twitterのcardをWordPressで使用する方法も記載しています。

・以前の投稿はこちらから

WordPressの投稿をTwitter Cardsに対応させよう(プラグインなし)

投稿がある程度作成ができると今度は、ソーシャルメディアで宣伝をしたいなと思ってきませんか?今回の投稿では、WordPressの投稿をTwitter Cardsに対応させることの備忘記録です。Twitt...

twitterでの作業

次に準備をするのは、twitterアカウントのURL。私の場合はhttps://twitter.com/fe2_ltになります。そして、twitterの公式サイトhttps://publish.twitter.com/へアクセス

開かれた画面に「What would you like to embed?」と表示されて、その下に入力フォームがあります。その入力ホームにtwitterアカウントのURLを入力。

入力後、画面がスクロールをして「Here are your display options」の項目まで移動します。 そこで、タイムランの埋め込みなのか、ボタンの埋め込みなのかを選択できます!

「Embedded Timeline」をクリックすればタイムランのHTMLが出力されるので、特に細かい設定が必要なければコピーをするだけでOKです。

「Twitter Buttons」をクリックするとFollow ButtonなのかMention Buttonなのかを選択できます。

タイムランもボタンも、「That’s all we need, unless you’d like to set customization options.」をクリックすると横幅、縦幅、背景色などがカスタマイズ可能です。

ボタンのサイズだけ大きくして、作成したMention Buttonがこちら。

Embedded TimelineとFollow Buttonはサイドバーの箇所に埋め込んでいます。ワードプレスに埋め込む方法は、sideber.phpに上記で作成した、HTMLをコピペしただけです。

これで、twitterの埋め込みなどが完了です。

早速、twitterの公式サイトへアクセスしてワードプレスの必要部分に埋め込むのなら下記から。

twitterの埋め込みはこちらから

日本語でカードの種類やタイムランについての説明が見たい方は、twitterの公式サイトにてカードの種類やタイムランについて説明がされているページを下記から確認できます。

twitterカード、タイムランの種類はこちらから


タグ

関連する投稿

ドラクエ好きな社会保険労務士有資格者・ファイナンシャルプランナー技能士検定2級正会員が運営をしています。当ブログではDQMSLを中心にWordPress・HTML・CSS・JS・PHPなどのTips備忘記録や資格関連の情報、その他雑記を発信して行きます。